娘と息子と夫と私

娘と息子と過ごす日々をつづります

1学期末テストvo5 テスト1日目

テスト1日目

この日私は仕事でしたが、子供たちはテストだけなので、お昼には帰っていました。

お昼から私が帰ってくる夕方までは、自由の時間と思っているみたいで・・。

そんなわけないやん。テスト中やのに!

という事で、

今日は、お母さんが帰ってくるまでに、

・理科の問題集のお直し

・理科のテスト対策予想問題のプリント

をしておいてね。と言っておきました。

予想はしていましたが、

私が帰ってきたときには、両方手を付けていない。

私 「何してたん?」

息子「社会の問題集」

私 「社会は明日じゃないけど、まあやったならそれでいいし、何ページやったん?」

息子「1ページ目」

ってことは、1ページも終わってないってことやんね。と思いながら、

理科の問題集の間違えているとこをしようという事で、

とりあえず、問題集は出したけどなかなか始められないまま、夜ごはんになりました。

夜ごはんの後、対策プリントをすると言いましたが、始まるまでに時間がかかります。

スマホは私が預かって、周りも整えて。

20分勉強して、4分休んでというのが良いと先生に聞いたらしく、

タイマーで計りながらがら、やっと始まりました。

ちなみに、息子はリビングで、娘は自分の部屋で勉強をしています。

夜ごはんの片づけをしながら、見ていたのですが、

波に乗ってきたかなと思ったので、私はお風呂に入りました。

そして出てくると、時間を計っていた、私のスマホYouTubeをしているという有様。

ああ、なんでそんなことを~ って、そんな気もしていましたが・・。

何とか理科のプリントが終わって、保健体育もしなあかん。となり、

教科書を読みだしました。

そして、

「ラインに、整列の仕方の名称が書いてあるからスマホ見せて」

と言い出しました。

「あほか、見せるか!」とは言いませんでしたが、

「整列の名称は明日の朝、スマホ見て確認したらいいし、他のことして」

と言うと、ちょっと嫌そうでした。

そんなこんなで、この日も遅い時間になり、

「提出物の確認しなあかんよ。」

と言うと、

「わかっとるわ!そんなこと!」

とぶちぎれられ、あ~あ、気分を害されたと、へこむ私。

 

そしてテスト2日目へ