娘と息子と夫と私

娘と息子と過ごす日々をつづります

1学期末テストvo7 テスト2日目午後

明日はテスト最終日で、社会の問題集が残っていたけど・・

と思いながら、この日私はお昼から仕事に出かけました。

帰ってくると、

「社会終わった!」

「すごいやん!」

ってことで、社会は終わらせていたようですが、

アーサー・クリスマスの大冒険の映画を観ていました。

なんで?

社会の問題集終わっても、

他にもやらないといけないことがあるのでは・・

ここからは、いつもの

やる気のない息子に、やいやい言うお母さん

という構造ができあがりです。

細かい会話は今までも書いてないですが、

やり始めるまでに、いつもこのやいやい言うくだりがあるのです。

そうこうしているうちに夜ごはんになり、

娘も一緒にご飯を食べながら、

「毎日、息子にやいやい言いながら勉強を見るのが大変やわ~

 どうしたもんか。」

という話題になりました。

ちなみに、娘もテスト中ですが、

私はノータッチで自分で勉強しています。

娘の勉強はいつまで見ていたか覚えていないです。

多分小学生の低学年くらいかな。という程度です。

中学生の息子の勉強を見るのが大変ってネットで検索してみると、

色んな意見が出てきました。

・自分でやる気にならない以上やいやい言っても無理

・やいやい言われるのは子どもがかわいそう。

・自分ならそれでやる気になれるのか。

などという、本人にまかせるという意見から、

・一緒に勉強しながらみていました。

・計画や、勉強の仕方など見通しを一緒に考えました。

という、見ていましたよ。という意見など、

どれも、読んでいると、なるほどと思うものが多かったです。

 

そして、

私 「どうしたい?」

息子「やいやい言われるのはいややな。」

私 「そうやんね。もうまかせてみようかな。」

娘 「うん。放っておいたらいいと思う。」

息子「スマホ返してくれる?」

私 「なんでや!」

という感じで、とりあえず、今回は任せない。

という方向にしました。

 

食事も終わり、シャワーも終わり、

息子「何したらいい?」

私 「対策プリントあるやろ。」

ってことで、やっと勉強始めるかなというところで、

私はお風呂に入りました。

どうも部屋からテレビの音が聞こえているような。

出てみると、今テレビ消した感満載で、

教科書を読んでいるのか、ふりをしているのか。

そしてやっと、集中し出した時には 21:50

いつも始まるまでに時間がかかる。

イライラして、やいやい言う。

このパターンもとりあえず、今日で一段落。

と思っていると、

「あした技術家庭あるけど、家庭科のー勉や。」

技術はしていたようです。

という事で、明日でテスト最終日です。