娘と息子と夫と私

娘と息子と過ごす日々をつづります

勉強に付き合うのが大変

期末テストが終わって一週間。

いやいやながらも、少しずつですが勉強をしています。

そしてテストも返ってきています。

本人は、半分とれてるから大丈夫。という考えのようです。

私は、それでいいのかなあと不安です。

この先もっと難しくなるのに、教科によって差はありますが、

1年生で半分って、安心している場合ではないと思うのですが。

 

毎日ちょっとずつ勉強しようと言って実際にしているのですが、

正直大変です。

本人は、全部の教科で半分以上とれてたし、

このくらいの勉強で充分という気持ちでいるのに、

私はもう少し勉強した方がいいと思っている。

このずれで、息子はやらされているから仕方なくしているという状態です。

テストのお直しも、とりあえずこの場が終わればいいから、

問題なんて全然見ないで、記号を暗記、文字で書く答えも暗記、

挙句の果てには、ラップ調に歌い出して、最初から答えを暗記しだして、

覚えているうちに早く済ませてしまう。

こんなことで意味あるのかなという思いで不安とイライラが募ります。

この日は理科でしたが、記号のところの問題を確認すると、

一応意味は分かっているのかなという答えは言うのですが、

それならちゃんとすればいいのにと思ってしまいます。

 

勉強に付き合うと、私の時間もとられてしまうので、

本人にやる気がないのに、続けていて意味があるのかという思いと、

放っておいて、後でどうしようもなくなるのは困るという思いです。

 

暗記する時に、ラップ調で覚えたり、歌にして覚えたりするのですが、

うまく使えば、暗記はけっこう得意なのかも・・・

という希望で、今日は落ち込んだ気持ちを引き上げておきます。