娘と息子と夫と私

娘と息子と過ごす日々をつづります

夏休み最後の日

中学の夏休みが終わりました。

 

 始業式の日に、宿題の確認テストがあるということで、宿題が終わった息子は、最後の日に勉強すると言っていました。

漢字は対策プリントがあり、英語は宿題のプリントを確認して、社会は宿題プリントに出ている国の名前を覚えるという事でした。

今までも何となく気になっていたのですが、

息子は何回も書いて覚えるということが好きではないようです。

提出しなければならないものをやり切るまではやるとしても、もう出来上がっているものを、何回もやり直すというのが嫌なようです。

漢字も一回目に書けていなかった漢字をやり直そうとしたら、答えを見てもう一度書いたらもういいとなります。見ずにはまだ書けないのに・・。

英語の単語も、つづりを間違えても同じで、社会は、書きながら覚えたらいいのにと思うのですが、言いながら覚えていました。

繰り返すと少しずつ覚えてはいくのですが、完璧に覚えるまでは続けられないようで、ある程度で諦めて、もういい。と言い出します。

終わらせてスマホやゲームをしようとするので、

私 「それはおかしいいやん。時間あるならちゃんと覚えよう。」

息子「何回やればいいん?」

私 「覚えるまで。」

息子「そんなん無理やん。お母さんの気が済むのは何回?」

いや~私の気が済むのは関係ない・・・

というように、また言い争いになってしまったのです。

疲れました。

 

繰り返して覚えるという作業は大切で、これからも必要になると思うので、楽しみながら覚える方法を考えていきたいです。

また、中間テスト、期末テストとありますし・・・。

テストはまだ返ってきていませんが、本人はだいぶできたよ~と言っていました。

楽しみにしておきます。