娘と息子と夫と私

娘と息子と過ごす日々をつづります

娘の部屋

先日、娘の部屋を片付けました。

娘は毎日忙しい日々で、何かと散らかっていた部屋ですが、

休みの日があったので、一緒に片付けることにしました。

以前から、「かわいい、お気に入りの小物たちを棚に並べて飾りたいな」

と言っていたのですが、その前に片付けないとね・・・という状態でした。

部屋には、勉強机とベッドだけというシンプルな状態で、クローゼットに、洋服も、小物も入れていて、なんとなくごちゃついた感じになっていました。

私は片付けの作業が大好きなので、やっとこの日が来た!という気持ちで、

すごく楽しい気分で全部の荷物をクローゼットから出して、

娘に、置いておくか、さよならするかを決めていく作業に取り掛かってもらいました。

その間に、クローゼットの中を掃除したり、中に入っていた棚をきれいに拭いて外に出して、娘が飾りたいと言っている場所に置いたりしながら、

娘がもういらないと言っているものたちを見ていました。

あの頃はこれが大好きで大切にしていたというもの、大切にしていたお洋服、

年齢とともに要らなくなっていく。

何年かに一度はこういう作業をするのですが、

前回は手放さなかったけど、今回はさよならしていく、

こういう作業を見て、成長しているんだなと、感じさせられます。

思い出話をしたり、アルバムをちょっと見たりしながら、

作業は順調に進んで、お気に入りのものたちをきれいに飾って、

クローゼットの中の洋服の数も減り、すっきりして片付けが終わりました。

ゴミ袋3袋分くらいのさよならしていくものが出ました。今までありがとう。

片付けが終わると、部屋の空気も変わるような気がします。

娘の成長を感じながら、楽しい時間を過ごした日でした。