娘と息子と夫と私

娘と息子と過ごす日々をつづります

2学期の中間テスト

二学期が始まり、10月の初めには中間テストがあります。

課題がわかりだして、そろそろ勉強を始めないとという雰囲気にはなってきたのですが、

ここでまた、いつもの息子VS母の地味な戦いが始まるのです。

課題の問題集をしたら、間違えたところは理解できるまでしようね。

などと最初は始まったのですが、やっぱりやり直すという作業がめんどくさいようで、

とにかく進めて行くと言っていました。

でも、さっさと終わらして2回目3回目とするつもりではなく、提出できる形に仕上げるだけのつもりのようです。

いつものことで、この辺りで言い合いが始まり、

息子が「もう自分で考えてやるから放っといて!」と言いました。

そう、いつも放っておこうかと思いながら手をかけてしまっていたのですが・・・

ブログをはじめてみてから、息子との勉強のやり取りを少し見直してみたところ、

いつも同じことをしていることがわかったので、

(今までもそうかなとは思っていたのですが・・・リアルに気が付きました(*_*; )

今回は、本当に放っておくことにしました。

そう、一切何も口出ししない。ゲームをしてようが、寝るのが遅かろうが、何も言わない。

今回の中間テストで、全部の教科で60点以上がとれなかったら、

それ以降は母親の言通りに勉強をすることを約束しました。

娘は、「目標低すぎひん?」と言っていましたが、私もそう思いますが、

これでやってみます。

そんな約束をして、2~3日経ちましたが、ほぼ勉強していません。

めっちゃ腹立ちます。が、何も言っていません。

この連休も数分だけ勉強をして、ほかはスマホやゲームをしています。

(もうあきれ果てています。はぁ・・・)

中間テストまでの日々、私が乗り切れるかが心配です。

それよりも、息子の点数と、課題をやり切れるのかの方が、心配ですね。

 

ただ、気になるのは、娘も言っていましたが、

「今回これで、全然ダメでもこたえへんと思うで。」

ということです。

そうです。うまくいけばいいのですが、だめだった時、きっとその時は、

「期末からはお母さんの言う通り頑張るわ。」

などと調子よく言うのでしょうが、いざ期末の勉強が始まると、また同じような争いになるのかと不安です。

 

今のところ・・・今回は見守ります。