娘と息子と夫と私

娘と息子と過ごす日々をつづります

ゼリーを作る息子

連休中に、英語のテストのやり直しは終わったので、

「他のすれば」と言ったのですが、もうしないということで、

「缶詰あるしゼリー作るわ。」

と言って作り出しました。

そして途中で、

「やっぱりジュースもあったほうがいい。」

と言って、買いに行くことになりました。

スーパーまで行くならと、

「卵とはちみつと、フルーツも買ってきて!」

ということで、ついでに買い物もたのみました。

スーパーでカゴに卵やはちみつを入れて、フルーツを選んでいる息子を想像すると、なんともほほえましい感じです(←親バカです)

そしてフルーツたっぷりのおいしいゼリーを作ってくれました。

娘はこの日、模試に行っていたので、帰ってから食べて、ほっこり!喜んでいました。

家族がほっこり笑顔になる、そんな時間をつくってくれる息子です。

 

息子は、スマホやテレビを制限して、今は液晶を見たらいけないという状態になると、台所で何か作ろうとします。

甘いものを作ったり、ポテトフライを作ったりして、みんなと食べます。

お腹がすいたら、自分用に焼き飯を作って食べたりもします。

液晶を見るのが大好きですが、その次の趣味なんでしょう。

これは大いに歓迎しています。家族も喜んでいます。

こういう息子のいいなと思うところは、つぶしてしまわないようにしたいです。